ロテル・ド・比叡 ロワゾ・ブルー

3年間パリに在住していたお友達Yちゃんと、『ロテル・ド・比叡』のレストラン
『l'Oiseau bleu(ロワゾ・ブルー)』さんへ行ってきました。
琵琶湖の美しい景色を眺めながら比叡山ドライブウェイを登ると
パリ郊外のプチホテルを彷彿させる白くて可愛いホテルが現れます。
高槻の自宅から1時間程でこんな別世界に来れるなんてちょっと感動!
『ルイ・ヴィトン』のショップデザイナーが手掛けたという内装はさすがに洗練されていてとっても素敵☆リゾートホテルの様などこかカジュアルな感じも居心地良く、時間の流れが遅くなったようなゆったりとした気分を与えてくれます。
レストランはテラコッタのタイル、籐のイス、パステルカラーが南仏リゾートのイメージ。
琵琶湖が一望できる大きな窓からの眺めが最高です。
こちらのシェフ、中村健介さんはフランスの三ツ星レストラン『ジャマン』『ピエール・ガニエール』等でフレンチの研鑽を積まれ若干33歳(確か)でこちらのシェフに就任された方。
Yちゃんと中村シェフはパリにいた頃からご家族ぐるみのお付き合いだそうで
席に着くなりシェフ自らの温かいお出迎えに大感激です。

~本日のMENU~
*利尻産バフンウニのフランにイラン産オシェトラキャビア
 ~マルドンの塩と黒胡椒のアクセント
b0085495_16211644.jpg

私がお菓子を学んできた事をYちゃんが事前にシェフにお話していたので
”お菓子に対抗して!?”とウニをクレーム・ブリュレ風に仕立ててくださいました☆
ウニのフランの表面をキャラメリゼして塩胡椒をきかせてあります
ブリュレに塩と胡椒って意外に合う!参りましたー<(_ _)>

*丹波味わい地鶏のコンソメスープに松茸の香りを*
    松茸の香りがたまりません。初物堪能~♪
b0085495_16242779.jpg


*季節のオードブル盛り合わせ 2006秋*
b0085495_16244633.jpg
 左上から時計回りに(うろ覚えでごめんなさいm(__)m)
 ・パテ・ド・カンパーニュとミミガーや豚足の煮こごり(っぽいもの)
    コラーゲンたっぷりが嬉し~
    パン&最高に美味しい手作りバターにぴったりです
 ・鱈(?)とジャガイモのケイク 卵とニンニクのソース添え
    お菓子のようなとっても可愛いデザイン。ニンニクがきいています
 ・イワシ(?)のリエット リオレ添え
    リエットとマイルドなリオレ(お米の牛乳煮)の相性が抜群☆
 ・夏野菜とレーズンのピクルス 茄子のピュレ添え
    ニガウリがシャッキシャキ~フレンチでニガウリって初めてです

*瀬戸内産スズキのポワレをサラダ菜の軽いクレームで
 ~エスカルゴと秋のキノコのフリカッセ*
    久々のエスカルゴ♪歯応え良くてやっぱり美味。淡白なスズキと良く合います
b0085495_1625284.jpg


*三陸産活ホタテ貝とラングスティーヌのブロシェット シトロネルの香り*
    焼き加減が最高です。ラングスティーヌが溶けた!
b0085495_16251788.jpg


*自然飼育による低カロリーな赤鹿ロースをジュニエーブルの香りとともにココット焼きに
 ビーツとピンクグレープフルーツのマーマレードとブルーベリー風味のポワブラードソースで*
b0085495_16253912.jpg
低カロリーなのが嬉し~シェフお気遣いありがとうございます♪
淡白なお肉にジュニパーベリー&ブルーベリー&胡椒のネットリソースがピッタリ
ピンクグレープフルーツのマーマレードがすごく美味しかったです
これらでコンフィチュール作っても良さそう^^大変勉強になりました~

*デザート(メニューより選択)*
 ・巨峰(ピオーネ)とアーモンドのブランマンジェ フロマージュブランのソルベ添え
    アーモンドの香りが豊かでとっても美味しいブランマンジェでした!
b0085495_16275036.jpg


 ・ドライイチヂクとカシスのコンフィチュールのタルト仕立て 紅茶のアイスクリーム添え    
    秋らしいとってもお洒落な一皿☆
    クランブルやナッツのキャラメリゼの食感とカシスの酸味が絶妙!
b0085495_1628269.jpg


デザートはテラスへ移動してゆっくりおしゃべりしながらいただきました。
サービス精神旺盛なシェフはお見送りはもちろん、コーヒーのお代わりを持ってきてくださったりお忙しいのに何度もテラスまでお顔を出してくださいました。
腕だけでなく人を喜ばせる事に長けているからこそこうして成功されたんだろうなーと感心し、尊敬してしまいました。素晴らしいお料理とサービスをどうもありがとうございました!
Yちゃん連れて行ってくれてどうもありがとう☆また絶対行こうね~!!
[PR]
by pechemignon | 2006-09-23 23:29 | フランス料理
<< 高槻のイタリア料理屋さん 『グ... フランス料理教室 >>